ヨセフ年2020年12月8日

ブラッドリー神父 – ヨセフは主の天使が命じたとおり、妻を迎え入れた。(マタイ1:24)

「ヨセフ年」は、聖ヨセフの神に対する従順について考えるよう私たちを招いているように思います。聖書は、ヨセフが夢から目覚めたとき、マリアを妻として受け入れたと述べています。 彼は神さまのメッセージを理解することはできませんでしたがそのチャレンジを受け入れました。 それは、信仰または信頼があったからです。

私たちもそうかもしれません。 神様が私たちの生活の中でどのように働いておられるかを知らなくても、私たちも信仰をもって応えます。多くの人が経済的困難、家族問題、健康上の懸念に直面しているパンデミックのこの時期に、私たちは神への信仰を深め、ヨセフのように忠実であり続けるよう求められています。 私たちが人生を生き抜くために私たち自身のプロジェクトや計画に頼るのではなく、神を信頼し、神と対話することによって強められるように求められています。 神が私たちに約束されたことに対する神の忠実さは、特に危機と不確実性の瞬間に、私たち全員への励ましの源となるはずです。

「ヨセフ年」は私たちにとって実り多い一年でありますように。

                           ブラッドリー神父

This entry was posted in 管区長:ブラッドリー神父, Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply