Category Archives: 若者コーナー

2021年四旬節教皇メッセージ

2021年四旬節教皇メッセージ 「今、わたしたちはエルサレムへ上っていく……」(マタイ20・18) 四旬節――信仰、希望、愛を新たにする時 親愛なる兄弟姉妹の皆さん イエスは、御父のみ旨をなし遂げるためのご自分の受難、死、復活を弟子たちに告げることで、その使命の深い意味を明らかにし、この世を救うために協力するよう呼びかけておられます。 復活祭へと向かう四旬節の道を歩みながら、わたしたちは「へりくだって、死に至るまで、それも十字架の死に至るまで従順」(フィリピ2・8)であったかたを思い起こします。この回心の時、わたしたちは自分の信仰を新たにし、希望の「生きた水」をくみ、開かれた心で、自分をキリストにおける兄弟姉妹にしてくださる神の愛を受け取りたいと思います。復活徹夜祭には、洗礼の約束を更新し、聖霊の働きにより、新しい人間として新たに生まれます。四旬節の旅は、キリスト者の旅全体がそうであるように、復活の光にすでに余すところなく照らされています。復活の光は、キリストに従いたいと望む人の心と姿勢と選択を力づけるのです。

Posted in 若者コーナー, 記事, 日本カトリックニュース | Leave a comment

堕胎された人間の胎児に由来する細胞から作られた ワクチン使用の倫理的違法性について

  2020年12月12 カトリックの教え ここ数週間、通信社や様々な情報筋が報じたところによると、Covid-19緊急事態に対応して、いくつかの国では堕胎された人間の胎児からの細胞株を使ってワクチンを製造しています。他の国ではこのようなワクチンが計画されています。

Posted in 若者コーナー, 記事, 日本カトリックニュース | Tagged , , , , , , | Leave a comment

第106 回「世界難⺠移住移動者の⽇」教皇メッセージ

2020 年9 ⽉27 ⽇ -「イエス・キリストのように、逃れざるをえない国内避難⺠を受け⼊れ、守り、促し、彼らと共⽣する」

Posted in 若者コーナー, 日本カトリックニュース | Leave a comment

戦後75年日本カトリック司教団平和メッセージ:すべてのいのちを守るためーー平和は希望の道のりーー

日本の教会の兄弟姉妹とすべての善意ある人々へ 日本のカトリック司教団は、戦後50年に『平和への決意』1、60年に『非暴力による平和への道──今こそ預言者としての役割を』2、そして70年に『平和を実現する人は幸い──今こそ武器によらない平和を』3と、その時々の国内外の情勢に鑑みながら平和メッセージを発表しました。

Posted in 若者コーナー, 日本カトリックニュース, 日本プロライフサイト | Leave a comment

神様のもとに一つに結ばれて…

Bro. 八木 信彦 OMI – 新型コロナウイルス拡大感染予防のために、ミサや祈り、集会のために教会に集え ない中、阿南教会では、信仰を深めるために何かできないものかと考え、みんなが 持っているスマートフォンを使ってLINE(ライン)によるグル-プビデオ通話で 聖書の分かち合いや十字架の道行きの祈りをやってみようと、さっそく取り組みまし た。

Posted in 若者コーナー, 記事, 高松教区 | Leave a comment

第一回アジアオセアニア地区オブレート会ブラザー会議

ブラザー八木信彦 – 2019年11月19日(火)~25日(月)、アジアオセアニア地区オブレート会ブラザー会議、フィリピンのケソン市にあるオブレート会黙想の家で行われました。参加者は22名(フィリピン7名、インドネシア6名、スリランカ5名[コロンボ管区3名、ジャフナ管区2名]、ベトナム2名、日本1名、中国1名)でした。

Posted in 若者コーナー, 日本カトリックニュース | Leave a comment

オブレート会召命年 ― 聖霊の働き ―

(ブラザー八木信彦)  2017年12月8日(無原罪の聖母祝日)~2019年1月25日(オブレート会創立記念日)、この期間を「オブレート会召命年」としました。この制定実現までに、色々な物語があったようです。

Posted in 若者コーナー | Leave a comment

「オブレート」とは

(ブラザー八木信彦)「オブレート」とは、「献身、奉献する」と言う意味です。この会は正式には「汚れなきマリアの献身宣教会」という修道会で、普段は「オブレート会」という名を使っています。

Posted in 若者コーナー | Leave a comment