Author Archives: Editor

子どもたちに対する戦い:生きた胚の凍結 – 「人間か否か」(パート10)

(この記事は、ノボトニー神父による「子どもたちへの戦争」を繰り広げる大人の脅迫観念を示す継続的なシリーズの一部です。) 人生では何がもっとも重要かということを非常に容易に見失ってしまいます。私たちの日々は非常に忙しく、生まれる前の胚胎児やすでにこの世に生を受けた子どもたちの両方が直面している問題を見過ごしがちです。生まれる前の胚の凍結を例にとってみましょう。これは子どもたちに対して行われている戦争の、もう一つの執着です。この方法では、生きている人の命を奪い、実際に凍結させます。この凍結は、一般的に固化とも言われますが、生まれる前の胚胎児が、凝固点以下まで体温を下げることで固体になる相転移です。

Posted in ノボトニー神父のブログ, 若者コーナー, 日本プロライフ活動, 会員投稿 | Leave a comment

敵を愛することは本当に可能でしょうか?

ノボトニー • ジェローム OMI – 「あなたは不可能なことをお求めになるお方ではありません。私のイエスよ、あなたはよくご存知ですが、私はあなたが愛するようには、人を愛することができません。もし、あなたが私の中のその人を愛しておられなければ。あなたの御心は、あなたが私に愛しなさいと命じられたすべての人を、私が愛することです。」(リジューの聖テレジア) 世界で道義を訴える偉大な人の一人、デズモンド・ツツ元大主教の逝去[2021年12月26日]からほぼ2ヵ月になります。南アフリカ共和国、ケープタウンで初めての黒人大主教として、アパルトヘイト人種隔離政策の撤廃に尽力しました。そして、人間性を奪うその差別のシステムがついに廃止されたとき、彼は南アフリカのすべての人々にとって平和な未来が実現するようにと、自国の白人と黒人の間に許しと和解をもたらすために働きました。

Posted in ノボトニー神父のブログ, 記事, 日本カトリックニュース, 日本プロライフサイト, 会員投稿 | Tagged , , | Leave a comment

自己中心性からの断食

ブラッドリー ロザイロ、OMI ー 毎年、四旬節に私は同じ質問に直面します:何を諦めるべきですか? 私は祈りの中で自分の生活を振り返りながら、自己犠牲を実践する意味のある方法を探しますが見つからないのです。でも、四旬節だから「何かを犠牲にしないと」と思ってしまいます。そして、毎年繰り返しやっていることに戻ります。それは、40日間チョコレートやアルコールを口にしないことです。それは本当の断食でしょうか。そのような断食は、衝動と戦うので短期間神に注意を引くかもしれませんが、それだけでは十分ではないと思います。

Posted in 管区長:ブラッドリー神父 | Leave a comment

子どもに対する戦争(第7回):物乞いの強要 – 「盗まれた命」

ノボトニー • ジェローム OMI – あなたならどうしますか?たとえば、大都市の通りを歩いていて、母親と子どもが路上に座っているのを目にしたら。子どもはとても具合が悪そうに見え、金受け用の缶を差し出し、必死に助けを求めています。

Posted in ノボトニー神父のブログ, 日本プロライフ活動, 会員投稿 | Tagged , , | Leave a comment

子どもに対する戦争(第6回):養子縁組ロンダリング – 「子どもの誘拐」

ノボトニー • ジェローム OMI – ご存じのとおり、現在、世界で非常に現実的な戦争が続いています。子どもの命に対する戦争です。この記事では、「チャイルド・ロンダリング」についてお話しします。聖書は私たちに教えてくださいます。それぞれの人間は神の姿を模して創られており、敵は、生まれてくる前の子どもをはじめ、可能な限りすべての人を破壊することで、その姿を何よりも攻撃したいと望みます。 このような罪のない子どもたちのための戦いは私たちにかかっています。簡単ではありませんが、神は私たちの味方です。

Posted in ノボトニー神父のブログ, 日本プロライフ活動, 会員投稿 | Tagged , , , | Leave a comment

悪魔は存在するのか?プーチンの違法な侵攻

ノボトニー • ジェローム OMI – ロシアが違法な武力による砲撃を強化することで、ウクライナの人道的危機は深まっています。食糧、水、暖房や医薬品は減少の一途をたどっています。100万人の子どもを含む200万人を超す避難民が、ウクライナから逃れています。ロシア軍の侵攻は速度を落としつつありますが、一般市民の死者数は増加しています。この記事で、あるストーリーを共有させてください。何年も前の1884年、小さな礼拝堂でローマ教皇レオ13世がミサを行っていたとき、祭壇の近くで突然声が聞こえました。彼はあたりを見回しましたが、誰もいませんでした。しかし、耳にした言葉に恐怖にうち震えました。教皇が耳にしたのは、神と悪魔の会話でした。

Posted in 記事, 日本プロライフ活動 | Tagged , , , | Leave a comment

子どもたちへの戦争(第5回):身体部位 -「胎児にとって最悪の悪夢」

「この記事は、ノボトニー 神父による「子どもたちへの戦争」を繰り広げる大人の強迫観念を示す継続的なシリーズの一部です」 生命は美しいです。生命は貴重で神聖なものです。 ノボトニー • ジェローム OMI –  人間には保護され守られるべき権利と尊厳があると、善良な人々は信じています。しかし、それに反対する人たちがいます。彼らは「胎児たちへの戦争」を公言しています。しかし、「良い」戦争はありません。どんな戦争であれ詰まるところ、何百万人もの人が死に、多くの人が身体的な不自由に追い込まれるのです。では、そもそもなぜ戦争をするのでしょうか? その理由は、胎児へのこの戦争が非常に儲かるからです。例えば、次のような出来事を考えてみましょう。心臓がまだ動いている胎児の臓器を、ピッツバーグ大学が摘出していたと聞いて、世界中が震撼しました。

Posted in Uncategorized | Leave a comment

子どもたちへの戦争 (第4回): ポルノグラフィー −「ネット・ポルノ」

(この記事は、ノボトニー神父による「子どもたちへの戦争」を繰り広げる大人の脅迫観念を示す継続的なシリーズの一部です。) ノボトニー • ジェローム OMI –  インターネット上のポルノは爆発的に増え、何百万ものポルノ・サイトが存在するようになりました。今や、市場規模1000億円に上る活況を呈しています。インターネット・ポルノは誰に対しても説明責任を負うことなく家庭に侵入し、健全な家庭を壊しています。夜ごと、私のパソコンのメールボックスに、30通を超えるフォノグラフィーの電子メールが着信します。なんと、これが日常の出来事になっています。これらの迷惑メールのほとんどは、ワンクリックでポルノ・サイトに無制限にプライベート・アクセスできるようになっています。この簡単な手順が、小さな子どもの好奇心と指先を誘惑します。ポルノ会社は「道徳観念のかけらもなく」、公開ネット・ポルノへの扉を開き、無垢な若い世代がソフトのみならずハードのポルノも瞬時に見られるようにしていました。大企業の目的はただ一つ、金儲けです。例えば、数十億ドル規模のビジネスであるフェイスブックは、児童ポルノを許可しています。

Posted in 若者コーナー, 日本プロライフ活動 | Leave a comment

2022年 四旬節教皇メッセージ

「たゆまず善を行いましょう。飽きずに励んでいれば、時が来て、実を刈り取ることになります。ですから、今、時のある間に、すべての人に対して、善を行いましょう」(ガラテヤ6・9-10a) 親愛なる兄弟姉妹の皆さん 四旬節は、わたしたちが個人としても共同体としても新しくなり、死んで復活されたイエス・キリストの過越に導かれていくのにふさわしい時です。2022年の四旬節の旅路を歩むにあたって、聖パウロのガラテヤの信徒たちへの勧めについて考えてみるとよいでしょう。「たゆまず善を行いましょう。飽きずに励んでいれば、時が来て、実を刈り取ることになります。ですから、今、時(カイロス)のある間に、すべての人に対して、善を行いましょう」(ガラテヤ6・9-10a)

Posted in 若者コーナー, 日本カトリックニュース | Leave a comment

子どもたちへの戦争(第3回):飢餓-―「1800万人/

「この記事は、ノボトニー 神父による「子どもたちへの戦争」を繰り広げる大人の強迫観念を示す継続的なシリーズの一部です」 ノボトニー • ジェローム OMI パンデミックに対処する一方で、私たちは、人類の基本的価値観や、私たちをつなぐ人の絆について再発見する機会を得ました。私たちは、世界のことや自分たち自身について学ぶことができます。その一つとして、飢餓がどれほど重大なことであるか、ということが挙げられます。今日、世界では約7億人が毎晩空腹のまま眠りについています。そう、7億人もの人間がです。

Posted in 若者コーナー, 日本プロライフ活動 | Leave a comment