四旬節とパンデミック

ブラッドリー ロザイロ、OMI ー 昨年の四旬節は緊急事態宣言が続いている中で到来し、すべての人に厳しい規律を課しました。日本での緊急事態宣言はそれほど厳しくはなかったものの、一部の国と比べると、集会や会議がキャンセルされ、「在宅勤務」の命令が発効し、多くの都市で学校や保育所が一時的に閉鎖され、不必要な外出を避けるよう求められました。 Continue reading

Posted in 管区長:ブラッドリー神父, 会員投稿 | Leave a comment

悲劇的な状況から導かれる良い結果

ノボトニー • ジェリー OMI –ある話を紹介したい。先日、私は自動車事故で娘を失った女性に関する記事を読んだ。女性は次のように語っていた。「私は4歳の娘ナオミを車の後部座席に乗せてスーパーに行く途中でした。男の人が運転する車が赤信号を無視して私たちの車に激突しました。その事故で、ナオミは亡くなりました。」 Continue reading

Posted in 日本プロライフ活動, 会員投稿 | Leave a comment

世界のキリスト教信仰と中絶?

ノボトニー • ジェリー OMI – 中絶への反対は、単なる「カトリック教徒の問題」ではなく、キリスト教の問題でもない。仏教徒、ヒンドゥー教徒、ジャイナ教徒、イスラム教徒、ユダヤ教徒、クリシュナ教徒、その他多くのキリスト教以外の信者が、宗教的な理由と世俗的な理由から中絶に反対している。 Continue reading

Posted in ノボトニー神父のブログ | Leave a comment

2021年四旬節教皇メッセージ

2021年四旬節教皇メッセージ
「今、わたしたちはエルサレムへ上っていく……」(マタイ20・18)
四旬節――信仰、希望、愛を新たにする時

親愛なる兄弟姉妹の皆さん

イエスは、御父のみ旨をなし遂げるためのご自分の受難、死、復活を弟子たちに告げることで、その使命の深い意味を明らかにし、この世を救うために協力するよう呼びかけておられます。

復活祭へと向かう四旬節の道を歩みながら、わたしたちは「へりくだって、死に至るまで、それも十字架の死に至るまで従順」(フィリピ2・8)であったかたを思い起こします。この回心の時、わたしたちは自分の信仰を新たにし、希望の「生きた水」をくみ、開かれた心で、自分をキリストにおける兄弟姉妹にしてくださる神の愛を受け取りたいと思います。復活徹夜祭には、洗礼の約束を更新し、聖霊の働きにより、新しい人間として新たに生まれます。四旬節の旅は、キリスト者の旅全体がそうであるように、復活の光にすでに余すところなく照らされています。復活の光は、キリストに従いたいと望む人の心と姿勢と選択を力づけるのです。 Continue reading

Posted in 若者コーナー, 記事, 日本カトリックニュース | Leave a comment

難民はただの人間ではない

ブラッドリー ロザイロ、OMI(オブレート会)- 化学の学生だったブルンジからの難民は、母国での暴力と政治的な迫害を逃れ、ケニアの難民キャンプに行き着きました。 5年前、彼は難民キャンプで石鹸を作り始めました。 多くの人がコロナウイルスとの戦いで主要な武器となった石鹸を探しているので、Covid-19パンデミックは彼のビジネスを後押ししました。ウイルスを遠ざける一つ方法は、頻繁に手を洗うことです。この男性が英国BBC放送局に話しかけた時、彼は「誰もが石鹸を必要としているが、誰もがそれを買う余裕があるわけではない。それで、利益よりも人々を守ることが重要だったので、価格を下げた」と述べました。 さらに、「パンデミックが始まったときの需要を満たすために生産量を75%増やす必要があったので、Covid-19は私のビジネスに適していました。しかし、高齢者などの脆弱な人々に無料の石鹸を与えるようにしました」と話しました。 Continue reading

Posted in 管区長:ブラッドリー神父 | Leave a comment

新年に希望を

ブラッドリー神父 -「木には希望がある。木は切られても、また新芽を吹き、若枝の絶えることはない」と聖書のヨブ記14:7に書いています。確かに木というのは秋になると葉っぱが枯れ落ち、冬にはまる裸になります。しかし、一見枯れてしまったように見えても、また春には新しい芽を吹き出します。これは希望の象徴です。 Continue reading

Posted in 管区長:ブラッドリー神父 | Leave a comment

堕胎された人間の胎児に由来する細胞から作られた ワクチン使用の倫理的違法性について

 

2020年12月12
カトリックの教え

ここ数週間、通信社や様々な情報筋が報じたところによると、Covid-19緊急事態に対応して、いくつかの国では堕胎された人間の胎児からの細胞株を使ってワクチンを製造しています。他の国ではこのようなワクチンが計画されています。 Continue reading

Posted in 若者コーナー, 記事, 日本カトリックニュース | Tagged , , , , , , | Leave a comment

2021年「世界平和の日」教皇メッセージ(2021.1.1)

第54回「世界平和の日」教皇メッセージ
(. 2021年1月1日)

平和への道のりとしてのケアの文化」

1.新年を迎えるにあたり、政府首脳、国際機関の責任者、諸宗教の指導者と信者の皆さん、そして善意の人々に心からごあいさつ申し上げます。来る年に人類が、個人、共同体、民族、国家の間で、兄弟愛、正義、平和の道を進めるよう願いつつ、皆さんのご多幸をお祈りいたします。 Continue reading

Posted in 日本カトリックニュース | Leave a comment

The Journey: HAPPY NEW YEAR to everyone!

The Journey: HAPPY NEW YEAR to everyone.

Light. What a great image to reflect on at the closing of this year and as an introduction for tomorrow, the beginning of a New Year. “The light shines in the darkness, and the darkness has not overcome it.” (John 1:35). This Light began on Christmas Day and will carry us throughout the next year.

We learn much about light and darkness by looking around us. For example, if we briefly consider light and darkness from physics, we know that they are not two opposing forces. They are not fighting each other. Rather darkness simply implies the absence of light. Heat and cold are similar. Where there is heat, coldness disappears.

We can apply the same reasoning to our spiritual life. Everyday we make choices: good or evil. Evil (devil) exist where there is an absence of Good (God). Satan is not trying to impose darkness on us rather he is trying to get us to reject God through our choices. We see this in our society and the world, choices related to unborn babies, senior citizens, gender differences, marriage, sex, war, for more just watch the evening news or read the daily newspaper or any major magazine.

As we begin the New Year, let’s reflect on the Light. There is a very real spiritual battle going on. The battle is easily won. Allow the Light to enter our choices, its presence will replace any darkness within. Have a Happy and Blessed New Year.

Posted in 記事 | Leave a comment

ヨセフ年2020年12月8日

ブラッドリー神父 – ヨセフは主の天使が命じたとおり、妻を迎え入れた。(マタイ1:24)

「ヨセフ年」は、聖ヨセフの神に対する従順について考えるよう私たちを招いているように思います。聖書は、ヨセフが夢から目覚めたとき、マリアを妻として受け入れたと述べています。 彼は神さまのメッセージを理解することはできませんでしたがそのチャレンジを受け入れました。 それは、信仰または信頼があったからです。 Continue reading

Posted in 管区長:ブラッドリー神父 | Leave a comment