神か無か

ノボトニー ジェローム OMI 〜 ここ数ヶ月の、いのちの問題に関する新聞や雑誌の記事、ニュースなどは余り良くない傾向を示しています。信用出来ない話しばかりが広がり、人々のいのちは傷ついています。神は次第に社会から遠ざけられており、混乱、苦しみ、隠れた罪の意識などが残されています。 Continue reading

Posted in 記事, 日本カトリックニュース, 日本プロライフ活動 | Leave a comment

ふるさとのルルド

Fr.ブラッドリ • ーロザイロ, OMI  – トリンコマリーはスリランカの北東部にある町の名前です。この町にパーレイユートウという小さな村があります。私の小教区パーレイユートウには自然に囲まれたルルドがあります。子供どものころから毎日のようにお祈り行っていたルルドは、私にとって特別な場所です。 Continue reading

Posted in 管区長:ブラッドリー神父 | Leave a comment

神様のもとに一つに結ばれて…

Bro. 八木 信彦 OMI – 新型コロナウイルス拡大感染予防のために、ミサや祈り、集会のために教会に集え ない中、阿南教会では、信仰を深めるために何かできないものかと考え、みんなが 持っているスマートフォンを使ってLINE(ライン)によるグル-プビデオ通話で 聖書の分かち合いや十字架の道行きの祈りをやってみようと、さっそく取り組みまし た。 Continue reading

Posted in 若者コーナー, 記事, 高松教区 | Leave a comment

復活の希望

Frブラッドリ • ーロザイロ,OMI  – 日本の多くの人にとって、桜は希望と再生の象徴です。桜が咲き誇る時、未来も可能性と希望に満ちていると言う信念があると思います。東北地方の津波の後、瓦礫の中から桜が咲き誇り、その地域の人々に希望をもたらしました。 Continue reading

Posted in 管区長:ブラッドリー神父 | Leave a comment

第一回アジアオセアニア地区オブレート会ブラザー会議

ブラザー八木信彦 – 2019年11月19日(火)~25日(月)、アジアオセアニア地区オブレート会ブラザー会議、フィリピンのケソン市にあるオブレート会黙想の家で行われました。参加者は22名(フィリピン7名、インドネシア6名、スリランカ5名[コロンボ管区3名、ジャフナ管区2名]、ベトナム2名、日本1名、中国1名)でした。 Continue reading

Posted in 若者コーナー, 日本カトリックニュース | Leave a comment

クリスマスの思い出

「Fr ブラッドリー ロザイロ」〜毎年この時期に入ると全世界がイエス・キリストがお生まれになったことを祝います。日本にいる私たちも寒い季節に入るとクリスマスを思い起こし、一つの祭りとして祝います。 Continue reading

Posted in 管区長:ブラッドリー神父 | Leave a comment

福島スタデイツアー

福島原子力発電所の事故によって放射線は何万人もの避難を余儀なくさせ、町や村を立ち入り禁止区域に変えました。 今日、植物に最も近い地域は時間的に閉じ込められています。 家が荒廃し、雑草や他の植物が舗装や道路、かつては手入れの行き届いた庭園を飲み込む一方、イノシシや他の野生動物が通りを歩き回っています。 Continue reading

Posted in 管区長:ブラッドリー神父 | Leave a comment

2019年平和旬間 日本カトリック司教協議会会長談話

平和は「すべての人の全人的発展の実り」1981年2月25日、聖ヨハネ・パウロ二世教皇は、広島で鮮烈な平和アピールをなさいました。そのアピールに呼応して日本の教会は翌年から「日本カトリック平和旬間」(8月6日~15日)をもうけて、平和について考え、平和のために祈り行動するよう努めてきました。「広島平和アピール」から38年9カ月後の今年11月、教皇フランシスコが日本を訪問され、新たな平和メッセージを世界に向けて発信してくださるものと期待しています。 Continue reading

Posted in 日本カトリックニュース | Leave a comment

(本)会憲と会則:汚れなきマリアの献身宣教会

前書:「貧しい者に復員を告げ知らせ、捕らわれている人に解放を、目の見えない人に視力の回復を告げ、圧迫されている者自由にし、主の恵みの年を告げるために」(ルカ 4:18−19)主イエス • キリストは、時が満ちて、御父から派遣され、精霊に満たされた。主は第子たちを招いて、ご自分の使命に参与させられたが、それ以来、主は人々がご自分に従うよう教会を通じて絶え間なく招いておられる。 Continue reading

Posted in | Leave a comment

本:汚れなきマリアの献身宣教会の会憲会則に関わる創立者の文献の抜粋

紹介の言葉:大きな喜びをもって本宣教会の皆に、聖人であり創立者であるウジェーヌ • ド • マズノ文献から選沢された抜粋を提供する。これは会憲会則の研究や解説ではなく、教会の中で、汚されたマリアの献身宣教会を生んだ方の精神をもってそれらを読み、よりよく理解できるための単なる手引或いは光である。 Continue reading

Posted in | Leave a comment